Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースのメンテナンス » データベースの検証 » チェックサムを使用した破損の検出

 

テーブルの検証

 ♦ テーブルの妥当性を検証するには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. SQL Anywhere 12 プラグインを使用して、DBA または VALIDATE 権限のあるユーザーとして、データベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で、[テーブル] をダブルクリックします。

  3. テーブルを右クリックし、[検証] をクリックします。

  4. [OK] をクリックします。

 ♦ テーブルの妥当性を検証するには、次の手順に従います (SQL の場合)。
  1. DBA 権限または VALIDATE 権限のあるユーザーとしてデータベースに接続します。

  2. VALIDATE TABLE 文を実行します。

    VALIDATE TABLE table-name;
注意
  • エラーがレポートされた場合は、テーブル上のすべてのインデックスとキーをいったん削除してから再作成できます。テーブルに対する外部キーも再作成する必要があります。

  • 疑わしいインデックスがある場合は、ALTER INDEX...REBUILD 文を実行して、破損したインデックスを再構築できます。ALTER INDEX 文を参照してください。

  • VALIDATE TABLE によってレポートされるエラーを解決するには、データベース全体をいったんアンロードし、再ロードする方法もあります。アンロード処理で、破損した可能性のあるインデックスがデータの順序付けに使用されないように、dbunload の -u オプションを使用してください。