Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー プログラミング » データベースおよびアプリケーションの配備 » 管理ツールの配備

 

Windows での管理ツールの配備

この項では、Windows コンピューターで Deployment ウィザードを使用せずに Interactive SQL (dbisql)、Sybase Central (SQL Anywhere、Mobile Link、QAnywhere、Ultra Light のプラグインを含む)、および SQL Anywhere コンソールユーティリティ (dbconsole) をインストールする方法について説明します。この項は、これらの管理ツールのインストーラーの作成を望むユーザーを対象としています。

この情報は、Windows Mobile を除くすべての Windows プラットフォームに適用されます。ここで説明する手順は、バージョン 12.0.1 固有のもので、前後のバージョンには適用できません。

注意

ファイルの再配布はライセンス契約に従います。このマニュアル内の記述は、ライセンス契約のどの条項にも優先しません。配備について検討する前にライセンス契約を確認してください。

 始める前に

手順 1:配備するソフトウェアを決定する
手順 2:必要なファイルをコピーする
手順 3:管理ツールを Windows に登録する
手順 4:システムパスを更新する
手順 5 :Sybase Central 用の接続プロファイルを作成する
手順 6:SQL Anywhere ODBC ドライバーを登録する