Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー プログラミング » データベースおよびアプリケーションの配備 » 管理ツールの配備

 

管理ツールの設定

OEM.ini という名前の初期化ファイルを使用すると、どの機能が表示されるか、有効になるかを指定できます。このファイルは管理ツールが使用する JAR ファイルと同じディレクトリにある必要があります (例:C:\Program Files\SQL Anywhere 12\java)。このファイルが見つからなかった場合は、デフォルト値が使用されます。また、OEM.ini に指定がない値についてもデフォルトが使用されます。

注意

管理ツールを再配備するときに、ツールは SQL Anywhere ソフトウェア更新をチェックすることはできません。[更新のチェック] メニュー項目とオプションは、再配備されたバージョンには表示されません。

サンプルの OEM.ini ファイルを次に示します。



[errors]
# reportErrors type is boolean, default = true
reportErrors=true

[updates]
# checkForUpdates type is boolean, default = true
checkForUpdates=true

[preferences]
directory=preferences_files_directory

[dbisql]
allowPasswordsInFavorites=true
disableExecuteAll=false
# lockedPreferences is assigned a comma-separated 
# list of one or more of the following option names:
#    autoCommit
#    autoRefetch
#    commitOnExit
#    disableResultsEditing
#    executeToolbarButtonSemantics
#    fastLauncherEnabled
#    maximumDisplayedRows
#    showMultipleResultSets
#    showResultsForAllStatements
lockedPreferences=showMultipleResultSets,commitOnExit

文字 # で始まる行はコメント行なので無視されます。指定されるオプション名と値では、大文字と小文字が区別されます。

OEM.ini ファイルは、次のセクションに分かれています。

 [errors]
 [updates]
 [preferences]
 [dbisql]