Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー プログラミング » データベースおよびアプリケーションの配備 » クライアントアプリケーションを配備するための要件

 

OLE DB と ADO クライアントの開発

OLE DB クライアントライブラリを配備する最も簡単な方法は、Deployment ウィザードを使用することです。

独自のインストール環境を構築する場合を考慮して、この項ではエンドユーザーに配備するファイルについて説明します。

各 OLE DB クライアントコンピューターには、次のものが必要です。

  • OLE DB が動作するインストール環境   OLE DB ファイルとファイルの再配布に関する指示については、Microsoft から入手できます。ここでは、その詳細は説明しません。

  • SQL Anywhere OLE DB プロバイダー   次の表には、SQL Anywhere OLE DB が動作するプロバイダーに必要なファイルを示しています。これらのファイルは単一のディレクトリに置いてください。SQL Anywhere のインストールでは、これらのファイルすべてが SQL Anywhere インストールディレクトリのオペレーティングシステムに対応するサブフォルダーに置かれます (例:bin32bin64)。Windows の場合、プロバイダー DLL が 2 つあります。2 つ目の DLL (dboledba12) は、スキーマサポートの提供に使用される支援 DLL です。

説明 Windows
OLE DB ドライバーファイル dboledb12.dll
OLE DB ドライバーファイル dboledba12.dll
言語リソースライブラリ dblg[LL]12.dll
[接続] ウィンドウ dbcon12.dll
昇格操作エージェント dbelevate12.exe (Windows Vista 以降のみ)

上記のテーブルには、指定が [LL] であるファイルが示されています。メッセージファイルは複数あり、それぞれが異なる言語をサポートしています。異なる言語のサポートをインストールするには、それらの言語のリソースファイルを追加してください。[LL] を言語コード (endejp など) に置き換えます。

OLE DB プロバイダーには、複数のレジストリエントリが必要です。レジストリエントリを作成するには、regsvr32 ユーティリティを使用して dboledb12.dll および dboledba12.dll の各 DLL を自己登録します。

Windows Vista 以降のバージョンの Windows では、DLL を登録または登録解除するときに必要な権限の昇格をサポートする SQL Anywhere 昇格操作エージェントを含める必要があります。このファイルは、OLE DB プロバイダーのインストール手順またはアンインストール手順の一部でのみ必要です。

Windows クライアントには、Microsoft MDAC 2.7 以降を使用することをおすすめします。


OLE DB プロバイダーのカスタマイズ