Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー プログラミング » .NET アプリケーションプログラミング » SQL Anywhere .NET データプロバイダー

 

エラー処理と SQL Anywhere .NET データプロバイダー

アプリケーションは、ADO.NET エラーを含む任意のエラーを処理できるよう設計してください。ADO.NET エラーはコード内で、アプリケーション内の他のエラーを処理する場合と同じ方法で処理されます。

SQL Anywhere .NET データプロバイダーは、実行時にエラーが発生した場合はいつでも SAException オブジェクトを作成して例外をスローします。各 SAException オブジェクトは SAError オブジェクトのリストから成り、これらのエラーオブジェクトにはエラーメッセージとコードが含まれます。

エラーは競合とは異なります。競合は、データベースに変更が適用されたときに発生します。このため、アプリケーションには、競合が発生したときに正しい値を計算したり競合のログを取ったりするプロセスを採用する必要があります。

 C# のエラー処理の例
 参照