Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー プログラミング » .NET アプリケーションプログラミング » SQL Anywhere .NET データプロバイダー » データへのアクセスとデータの操作 » SACommand オブジェクトを使用したデータの検索と操作

 

SACommand オブジェクトを使用したデータへのアクセス

SACommand オブジェクトを使用して、SQL Anywhere データベースに対して SQL 文を実行したりストアドプロシージャーを呼び出したりできます。次のいずれかのメソッドを使用して、データベースからデータを取り出すことができます。

  • ExecuteReader   結果セットを返す SQL クエリを発行します。このメソッドは、前方専用、読み込み専用のカーソルを使用します。結果セット内のローを 1 方向で簡単にループできます。

  • ExecuteScalar   単一の値を返す SQL クエリを発行します。これは、結果セットの最初のローの最初のカラムの場合や、COUNT または AVG などの集約値を返す SQL 文の場合があります。このメソッドは、前方専用、読み込み専用のカーソルを使用します。

SACommand オブジェクトを使用する場合、SADataReader を使用して、ジョインに基づく結果セットを取り出すことができます。ただし、変更 (挿入、更新、または削除) を行うことができるのは、単一テーブルのデータのみです。ジョインに基づく結果セットは更新できません。

SADataReader を使用する場合、指定したデータ型で結果を返すための Get メソッドが複数あります。

 C# の ExecuteReader の例
 Visual Basic の ExecuteReader の例
 C# の ExecuteScalar の例
 参照