Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー プログラミング » ODBC サポート

 

ODBC アプリケーションの開発要件

次の図に示すように、各種の開発ツールとプログラミング言語を使用してアプリケーションを開発でき、ODBC API を使用して SQL Anywhere データベースサーバーにアクセスできます。

ODBC アプリケーションと SQL Anywhere

SQL Anywhere 用の ODBC アプリケーションを作成するには、次の環境が必要です。

  • SQL Anywhere。

  • 使用している環境に合ったプログラムを作成できる C/C++ コンパイラー。

  • Microsoft ODBC Software Development Kit。このキットは、Microsoft Developer Network から入手でき、マニュアルと ODBC アプリケーションをテストする補足ツールが入っています。

注意

すでに ODBC サポート機能がある一部のアプリケーション開発ツールには、ODBC インターフェイスを意識する必要のない、独自のプログラミングインターフェイスが用意されています。SQL Anywhere のマニュアルでは、これらのツールの使い方についての説明はありません。

 ODBC ドライバーマネージャー

ODBC 準拠