Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー プログラミング

 

データベースおよびアプリケーションの配備

データベースアプリケーションを完了したら、エンドユーザーにアプリケーションを配備します。アプリケーションの SQL Anywhere の使い方 (クライアント/サーバー形式での組み込みデータベースとしてなど) によっては、SQL Anywhere ソフトウェアのコンポーネントを、アプリケーションとともに配備してください。データソース名などの設定情報も配備し、アプリケーションが SQL Anywhere と通信できるようにします。

注意

ファイルの再配布は Sybase とのライセンス契約に従います。このマニュアル内の記述は、ライセンス契約のどの条項にも優先しません。配備について検討する前にライセンス契約を確認してください。

この項では、次のステップについて説明します。

  • 選択したアプリケーションプラットフォームとアーキテクチャーに基づいて必要なファイルを決定します。

  • クライアントアプリケーションを設定します。

この項の大半は、個々のファイルやファイルが配置される場所について説明しています。ただし、SQL Anywhere コンポーネントを配備する方法としては、Deployment ウィザードを使用するか、サイレントインストールを使用することをおすすめします。詳細については、Deployment ウィザードSQL Anywhere インストーラーを使用したサイレントインストールを参照してください。


配備の種類
ファイルの配布方法
インストールディレクトリとファイル名
Deployment ウィザード
SQL Anywhere インストーラーを使用したサイレントインストール
クライアントアプリケーションを配備するための要件
管理ツールの配備
マニュアルの配備
データベースサーバーの配備
Windows での DLL の登録
外部環境のサポートの配備
セキュリティの配備
組み込みデータベースアプリケーションの配備