Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー プログラミング

 

SQL Anywhere 外部環境のサポート

SQL Anywhere では、6 つの外部ランタイム環境をサポートしています。これには、C/C++ で記述された Embedded SQL と ODBC アプリケーション、Java、Perl、PHP、または Microsoft .NET Framework Common Language Runtime (CLR) に基づく C# や Visual Basic などの言語で記述されたアプリケーションが含まれます。

これまで SQL Anywhere では、C または C++ で記述されたコンパイル済みネイティブ関数を呼び出すことができました。ただし、これらのプロシージャーがデータベースサーバーで実行されるとき、ダイナミックリンクライブラリまたは共有オブジェクトが常にデータベースサーバーによってロードされ、ネイティブ関数への呼び出しがデータベースサーバーによって行われていました。この方法には、ネイティブ関数が原因で障害が発生した場合、データベースサーバーがクラッシュするというリスクがあります。データベースサーバーの外部環境でコンパイル済みネイティブ関数を実行できると、サーバーへのこれらのリスクをなくすことができます。

次に示すのは、SQL Anywhere での外部環境サポートの概要です。

 カタログテーブル
 廃止予定のオプション
 外部環境のロケーションの操作
 外部オブジェクトのインストールと使用
 参照

CLR 外部環境
ESQL 外部環境と ODBC 外部環境
Java 外部環境
PERL 外部環境
PHP 外部環境