Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー プログラミング » データベースにおける Java » Java クラスをデータベースにインストールする

 

クラスのインストール

作成した Java クラスをデータベースで使用できるようにするには、Sybase Central を使用するか、または Interactive SQL や他のアプリケーションから INSTALL JAVA 文を使用して、そのクラスをデータベースにインストールします。インストールするクラスのパスとファイル名を確認します。

 ♦ クラスのインストール (Sybase Central の場合)
  1. DBA 権限のあるユーザーとして、データベースに接続します。

  2. [外部環境] フォルダーを開きます。

  3. このフォルダーの中にある [Java] フォルダーを開きます。

  4. 右ウィンドウ枠を右クリックし、[新規] » [Java クラス] をクリックします。

  5. ウィザードの指示に従います。

 ♦ クラスのインストール (SQL の場合)
  1. DBA 権限のあるユーザーとして、データベースに接続します。

  2. 次の文を実行します。

    INSTALL JAVA NEW
    FROM FILE 'path\\ClassName.class';

    path はクラスファイルが保持されるディレクトリ、ClassName.class はクラスファイル名を表します。

    二重円記号は、円記号がエスケープ文字として処理されるのを防ぐために使用します。

    たとえば、c:\source ディレクトリに保持されている Utility.class ファイルにクラスをインストールするには、次の文を実行します。

    INSTALL JAVA NEW
    FROM FILE 'c:\\source\\Utility.class';

    相対パスを使用する場合は、データベースサーバーの現在の作業ディレクトリからの相対パスとします。

 参照