Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー プログラミング

 

データベースにおける Java

SQL Anywhere では、データベースサーバー環境内から Java クラスを実行するメカニズムが用意されています。データベースサーバーで Java メソッドを使用すると、強力な方法でプログラミング論理をデータベースに追加できます。

データベースでの Java サポートの特長を次に示します。

  • クライアント、中間層、またはサーバーなどアプリケーションの異なるレイヤーで Java コンポーネントを再使用したり、最も意味がある場所で使用したりします。SQL Anywhere が、分散コンピューティング用のプラットフォームになります。

  • データベースに論理を構築する場合、Java は SQL ストアドプロシージャー言語よりも高機能な言語です。

  • データベースおよびサーバーの整合性、セキュリティ、堅牢性を保ちながら、データベースサーバーで Java を使用することができます。

 SQLJ 標準

データベースにおける Java に対する理解
データベース内の Java の FAQ
Java のエラー処理
SQL Anywhere で使用する Java クラスの作成
Java VM
サンプル Java クラスのインストール
CLASSPATH 環境変数
Java クラスのメソッドの呼び出し
Java クラスをデータベースにインストールする
データベース内の Java クラスの特殊な機能
Java VM の起動と停止
Java VM でのシャットダウンフック