Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー プログラミング » ODBC サポート » ODBC ハンドル

 

ODBC ハンドル

ODBC プログラムに必要なハンドルの型は、次のとおりです。

項目 ハンドルの型
環境 SQLHENV
接続 SQLHDBC
SQLHSTMT
記述子 SQLHDESC
 ♦ ODBC ハンドルの使用
  1. SQLAllocHandle 関数を呼び出します。

    SQLAllocHandle は、次のパラメーターを取ります。

    • 割り付ける項目の型を示す識別子

    • 親項目のハンドル

    • 割り付けるハンドルのロケーションへのポインター

      詳細については、[external link] http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms712455.aspx にある Microsoft の『ODBC API Reference』の「SQLAllocHandle」を参照してください。

  2. 後続の関数呼び出しでハンドルを使用します。

  3. SQLFreeHandle を使用してオブジェクトを解放します。

    SQLFreeHandle は、次のパラメーターを取ります。

 例
 参照