Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー プログラミング

 

ODBC サポート

ODBC (Open Database Connectivity) は、Microsoft が開発した標準 CLI (コールレベルインターフェイス) です。SQL Access Group CLI 仕様に基づいています。ODBC アプリケーションは、ODBC ドライバーを提供するあらゆるデータソースに使用できます。ODBC ドライバーを持つ他のデータソースにアプリケーションを移植できるようにしたい場合は、プログラミングインターフェイスとして ODBC を使用することをおすすめします。

ODBC は低レベルインターフェイスです。SQL Anywhere のほとんどすべての機能をこのインターフェイスで使用できます。Windows オペレーティングシステムでは、ODBC を DLL として使用できます。UNIX 用には共有オブジェクトライブラリとして提供されます。

ODBC API の中核となるマニュアルは、[external link] http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms710252.aspxにある Microsoft Developer Network の Web サイトから入手できます。


ODBC アプリケーションの開発要件
ODBC アプリケーションの構築
ODBC のサンプル
ODBC ハンドル
ODBC 接続関数
ODBC によって変更されるサーバーオプション
SQLSetConnectAttr 拡張接続属性
DllMain からの ODBC 関数の呼び出し
SQL 文の実行方法
64 ビット ODBC での考慮事項
データアラインメントの要件
ODBC アプリケーションの結果セット
ストアドプロシージャーの呼び出し
ODBC エスケープ構文
ODBC のエラー処理