Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー プログラミング » PHP サポート » SQL Anywhere PHP 拡張 » PHP スクリプトの作成

 

PHP アプリケーション内の BLOB

SQL Anywhere データベースでは、あらゆる種類のデータもバイナリラージオブジェクト (BLOB) として格納できます。Web ブラウザーで読み取れるデータであれば、PHP スクリプトによって簡単にデータベースからそのデータを取り出して動的に生成したページに表示できます。

BLOB フィールドは、多くの場合、GIF や JPG 形式のイメージなどのテキスト以外のデータを格納するために使用します。サードパーティソフトウェアやデータ型変換を必要とせずに、さまざまな種類のデータを Web ブラウザーに渡すことができます。次の例は、イメージをデータベースに追加し、それを再び取り出して Web ブラウザーに表示する処理を示します。

このサンプルは、SQL Anywhere インストール環境の image_insert.php ファイルと image_retrieve.php ファイルにあるサンプルコードに似ています。これらのサンプルでは、イメージを格納する BLOB カラムの使用についても示しています。



<?php
  $conn = sasql_connect( "UID=DBA;PWD=sql" )
        or die("Cannot connect to database");
  $create_table = "CREATE TABLE images (ID INTEGER PRIMARY KEY, img IMAGE)";
  sasql_query( $conn, $create_table);
  $insert = "INSERT INTO images VALUES (99, xp_read_file('ianywhere_logo.gif'))";
  sasql_query( $conn, $insert );
  $query = "SELECT img FROM images WHERE ID = 99";
  $result = sasql_query($conn, $query);
  $data = sasql_fetch_row($result);
  $img = $data[0];
  header("Content-type: image/gif");
  echo $img;
  sasql_disconnect($conn);
?>

バイナリデータをデータベースから直接 Web ブラウザーに送信するには、スクリプトでヘッダー関数を使用してデータの MIME タイプを設定する必要があります。この例の場合、ブラウザーは GIF イメージを受け取るように指定されているので、イメージが正しく表示されます。