Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー プログラミング » アプリケーションでの SQL の使用 » SQL Anywhere のカーソル » カーソルの感知性とパフォーマンス

 

プリフェッチ

プリフェッチは複数ローのフェッチとは異なります。プリフェッチはクライアントアプリケーションから明確な命令がなくても実行できます。プリフェッチはサーバーからローを取り出し、クライアント側のバッファーに格納しますが、クライアントアプリケーションがそれらのローを使用できるのは、アプリケーションが適切なローをフェッチしてからになります。

デフォルトでは、単一ローがアプリケーションによってフェッチされるたびに、SQL Anywhere のクライアントライブラリが複数のローをプリフェッチします。SQL Anywhere のクライアントライブラリは余分なローをバッファーに格納します。

プリフェッチはクライアント/サーバーのラウンドトリップを削減してパフォーマンスを高め、1 つのローやローのブロックごとにサーバーへ個別に要求しないで多数のローを使用可能にすることによってスループットを高めます。

プリフェッチ制御の詳細については、prefetch オプションを参照してください。

 アプリケーションからのプリフェッチの制御