Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー プログラミング » .NET アプリケーションプログラミング » SQL Anywhere .NET データプロバイダー

 

Visual Studio プロジェクトでの .NET データプロバイダーの使用

Visual Studio で SQL Anywhere .NET データプロバイダーを使用して .NET アプリケーションを開発するには、SQL Anywhere .NET データプロバイダーへの参照と、ソースコードで SQL Anywhere .NET データプロバイダークラスを参照する行の両方を追加します。

前提条件

この作業を実行するための前提条件は、ありません。

内容と備考

次のとおりです。

 ♦ タスク
  1. Visual Studio を起動し、プロジェクトを開きます。

  2. [ソリューション エクスプローラー] ウィンドウで、[参照設定] を右クリックし、[参照の追加] をクリックします。

    参照によって、インクルードする必要があるプロバイダーが示され、SQL Anywhere .NET データプロバイダーのコードが検索されます。

  3. [.NET] タブをクリックし、リストをスクロールして、次のいずれかを見つけます。

    • iAnywhere.Data.SQLAnywhere for .NET 2
    • iAnywhere.Data.SQLAnywhere for .NET 3.5
    • iAnywhere.Data.SQLAnywhere for .NET 4
    注意

    Windows Mobile プラットフォームには、個別のバージョンのプロバイダーがあります。Windows Mobile SQL Anywhere .NET データプロバイダーの場合は、[参照] タブをクリックし、Windows Mobile バージョンのプロバイダーを指定します。デフォルトのロケーションは、%SQLANY12%\CE\Assembly\V2 です。

  4. 必要なプロバイダーをクリックし、[OK] をクリックします。

    プロジェクトの [ソリューション エクスプローラー] ウィンドウの [参照設定] フォルダーにプロバイダーが追加されます。

  5. ソースコードにディレクティブを追加し、SQL Anywhere .NET データプロバイダーのネームスペースと定義済みの型を簡単に使用できるようにします。

    次の行をプロジェクトに追加します。

    • C# を使用している場合は、プロジェクトの先頭にある using ディレクティブのリストに次の行を追加します。

      using iAnywhere.Data.SQLAnywhere;
    • Visual Basic を使用している場合は、プロジェクトの先頭で行 Public Class Form1 の前に次の行を追加します。

      Imports iAnywhere.Data.SQLAnywhere

結果

SQL Anywhere .NET データプロバイダーが、.NET アプリケーションで使用できるように設定されます。

次の手順

なし。

次の例は、ディレクティブが指定された場合にデータベース接続の確立に使用できるコードを示しています。

SAConnection conn = new SAConnection();

次の例は、ディレクティブが指定されない場合にデータベース接続の確立に使用できるコードを示しています。

iAnywhere.Data.SQLAnywhere.SAConnection conn = 
    new iAnywhere.Data.SQLAnywhere.SAConnection();

 参照