Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー プログラミング » HTTP Web サービス » HTTP Web サーバーとしての SQL Anywhere

 

HTTP Web サーバーとして SQL Anywhere を使用するためのクイックスタート

この項では、SQL Anywhere HTTP Web サーバーの起動方法、Web サービスの作成方法、Web ブラウザーからのアクセス方法について説明します。HTTP を介した SOAP のサポートやアプリケーション開発など、SQL Anywhere Web サービスの機能については詳しく説明していません。このマニュアルでは説明しない数多くの SQL Anywhere Web サービスの機能を使用できます。

次のタスクが実行されます。

  • SQL Anywhere HTTP Web サーバーデータベースの起動

  • 汎用 HTTP Web サービスの作成

  • Web ブラウザーでの Web サービスの表示

 ♦ SQL Anywhere HTTP Web サーバーと汎用 HTTP Web サービスの作成
  1. SQL Anywhere HTTP Web サーバーを起動し、SQL Anywhere データベースをロードします。

    コマンドプロンプトで次のコマンドを実行します。

    dbeng12 -xs http(port=8082) "%SQLANYSAMP12%\demo.db"
    注意

    ローカルホストからのみアクセスできるパーソナルデータベースサーバーを起動するには、dbeng12 コマンドを使用します。ネットワークデータベースサーバーを代わりに起動するには、dbsrv12 コマンドを使用します。

    -xs http(port=8082) オプションは、ポート 8082 で HTTP 要求を受信することをサーバーに指示します。Web サーバーがポート 8082 ですでに稼働中の場合は、異なるポート番号を使用します。

  2. CREATE SERVICE 文を使用して、着信 Web ブラウザー要求に応答する Web サービスを作成します。

    1. 次のコマンドを実行することで Interactive SQL を使用して demo.db データベースに接続します。

      dbisql -c "dbf=%SQLANYSAMP12%\demo.db;uid=DBA;pwd=sql"
    2. データベースに新しい Web サービスを作成します。

      Interactive SQL で次の SQL 文を実行します。

      CREATE SERVICE SampleWebService
          TYPE 'web-service-type-clause'
          AUTHORIZATION OFF
          USER DBA
          AS SELECT 'Hello world!';

      web-service-type-clause を目的の Web サービスタイプに置き換えます。Web ブラウザーの互換性を保つため、HTML type 句をおすすめします。汎用 HTTP Web サービスの type 句には、他に、XMLRAWJSON があります。

      CREATE SERVICE 文により、SELECT 文の結果セットを返す SampleWebService Web サービスが作成されます。この例では、この文から "Hello world!" が返されます。

      AUTHORIZATION OFF 句は、Web サービスのアクセスに認証が不要であることを示します。

      USER DBA 文は、サービス文を DBA ログイン名で実行する必要があることを示します。

      AS SELECT 句を指定すると、テーブルまたは関数からサービスを選択したり、データを直接表示したりできます。AS CALL は、ストアドプロシージャーを呼び出す代替句として使用します。

  3. Web ブラウザーで Web サービスを表示します。

    SQL Anywhere HTTP Web サーバーが実行されているコンピューターで、Internet Explorer や Firefox などの Web ブラウザーを開き、次の URL にアクセスします。

    http://localhost:8082/demo/SampleWebService

    Web ブラウザーは、この URL からポート 8082 上の HTTP Web サーバーにリダイレクトされます。SampleWebService から "Hello world" と表示されます。結果セットの出力は、手順 2の web-service-type-clause で指定したフォーマットで表示されます。Web ブラウザーでの結果セットの表示方法については、Web サービスタイプを参照してください。

 他のサンプルリソース
 参照