Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL リファレンス » SQL 言語の要素 » 変数

 

接続レベル変数

接続レベル変数は、CREATE VARIABLE 文で宣言します。接続レベル変数は、プロシージャーにパラメーターとして引き渡すことができます。

CREATE VARIABLE 文の構文は、次のとおりです。

CREATE VARIABLE variable-name data-type

変数が作成されると、値は NULL に初期設定されます。SET 文または INTO 句のある SELECT 文を使用すると、接続レベル変数はローカル変数と同じ方法で設定できます。

接続レベル変数は、接続が終了するまで、または DROP VARIABLE 文を使用して変数が明示的に削除されるまで存在します。次の文は、変数 con_var を削除します。

DROP VARIABLE con_var;
 例
 標準と互換性