Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL リファレンス » ビュー » システムビュー

 

SYSTAB システムビュー

SYSTAB システムビューの各ローは、データベース内のテーブル 1 つを示します。ビューの追加情報が SYSVIEW システムビューにあります。このビューの基本となるシステムテーブルは ISYSTAB です。

カラム名 データ型 説明
table_id UNSIGNED INT 各テーブルにはユニークな番号 (テーブル番号) が割り当てられます。
dbspace_id SMALLINT テーブルを含む DB 領域を示す値。
count UNSIGNED BIGINT テーブルまたはマテリアライズドビュー内のロー数。この値は、各チェックポイントが正常処理されているときに更新されます。この数を使用してデータベースアクセスが最適化されます。非マテリアライズドビューの場合、またはリモートテーブルの場合、カウントは常に 0 です。
creator UNSIGNED INT このユーザー番号はテーブルまたはビューの所有者を示します。
table_page_count INTEGER 基本となるテーブルで使用されるメインページの総数。
ext_page_count INTEGER このテーブルで使用される拡張ページの総数。
commit_action INTEGER グローバルテンポラリテーブルの場合、0 は、テーブルの作成時に ON COMMIT PRESERVE ROWS 句が指定されたことを示します。1 は、テーブルの作成時に ON COMMIT DELETE ROWS 句が指定されたことを示します (テンポラリテーブルのデフォルト動作)。3 は、テーブルの作成時に NOT TRANSACTIONAL 句が指定されたことを示します。非テンポラリテーブルの場合、commit_action は常に 0 です。
share_type INTEGER グローバルテンポラリテーブルの場合、4 は、テーブルの作成時に SHARE BY ALL 句が指定されたことを示します。5 は、テーブルの作成時に SHARE BY ALL 句が指定されなかったことを示します。非テンポラリテーブルの場合、share_type は常に 5 です。これは、非テンポラリテーブルの作成時に SHARE BY ALL 句は指定できないためです。
object_id UNSIGNED BIGINT テーブルのオブジェクト ID。
last_modified_at TIMESTAMP テーブルが最後に修正された日時。このカラムは、チェックポイント時間にのみ更新されます。
last_modified_tsn UNSIGNED BIGINT テーブルを修正したトランザクションに割り当てられたシーケンス番号。このカラムは、チェックポイント時にのみ更新されます。
file_id SMALLINT 廃止予定。このカラムは SYSVIEW に存在しますが、基本となるシステムテーブル ISYSTAB には存在しません。このカラムの内容は dbspace_id と同じであり、互換性のために提供されています。今後は dbspace_id を使用してください。
table_name CHAR(128) テーブルまたはビューの名前。1 人の作成者が、同じ名前のテーブルまたはビューを 2 つ以上持つことはできません。
table_type TINYINT

テーブルまたはビューのタイプ。次のような値があります。

  • 1   ベーステーブル

  • 2   マテリアライズドビュー

  • 3   グローバルテンポラリテーブル

  • 4   ローカルテンポラリテーブル

  • 5   テキストインデックスベーステーブル

  • 6   テキストインデックスグローバルテンポラリテーブル

  • 21   ビュー

replicate CHAR(1) この値は内部でのみ使用されます。
server_type TINYINT

基本となるテーブルのデータの場所。次のような値があります。

  • 1   ローカルサーバー

  • 3   リモートサーバー

tab_page_list LONG VARBIT 内部でのみ使用。テーブルの情報を含むページセット (ビットマップで表示されます)。
ext_page_list LONG VARBIT 内部でのみ使用。テーブルに関するローの拡張と大規模なオブジェクト (LOB) ページを含むページセット (ビットマップで表示されます)。
pct_free UNSIGNED INT 指定されている場合、テーブルの PCT_FREE の指定、それ以外の場合は NULL。
clustered_index_id UNSIGNED INT テーブルのクラスター化されたインデックスの ID。クラスター化されたインデックスがない場合、このフィールドは NULL です。
encrypted CHAR(1) テーブルまたはマテリアライズドビューが暗号化されるかどうか。
table_type_str CHAR(9)

table_type の読み取り可能な値。次のような値があります。

  • BASE   ベーステーブル

  • MAT VIEW   マテリアライズドビュー

  • GBL TEMP   グローバルテンポラリテーブル

  • VIEW   ビュー

 基本となるシステムテーブルに関する制約
 参照