Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー 空間データサポート » 空間データの使用 » 空間データのクイックスタート

 

空間データ型構文の理解

SQL/MM 標準では、ANSI/SQL CREATE TYPE 文に基づいて構築される拡張ユーザー定義型 (UDT) として空間データのサポートが定義されています。SQL Anywhere ではユーザー定義型はサポートされませんが、サポートされているかのように SQL Anywhere の空間データサポートが実装されています。

 UDT インスタンスのインスタンス化
 インスタンスメソッドの使用
 静的メソッドの使用
 静的集約メソッドの使用 (SQL Anywhere 拡張)
 型述部の使用
 サブタイプへの TREAT 式の使用