Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL の使用法 » データの問い合わせと修正 » データ修正文 » INSERT を使用したデータの追加

 

SELECT を使用した新しいローの追加

1 つ以上のテーブルから他のテーブルへ値を引き出すには、INSERT 文に SELECT 句を使用します。SELECT 句により、ローにあるカラムの一部またはすべてに値を挿入できます。

一部のカラムだけに対する値の挿入は、既存のテーブルから値を取得する場合に便利です。その場合、UPDATE 文を使用して他のカラムの値を追加できます。

デフォルトがあるか、または値を挿入しないカラムに NULL を指定するかを確認してから、テーブルにある一部のカラム (すべてのカラムではない) に値を挿入します。こうしないと、エラーが表示されます。

あるテーブルから他のテーブルにローを挿入する場合、2 つのテーブルは互換性のある構造にします。すなわち、一致するカラムを、同じデータ型または SQL Anywhere が自動的に変換できるデータ型にします。

 例
 一部のカラムへのデータ挿入
 同じテーブルからのデータの挿入