Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL の使用法 » リモートデータとバルクオペレーション » データのインポートとエクスポート » データインポート

 

異なるテーブル構造のマージ

INSERT 文の一種とグローバルテンポラリテーブルを使用して、インポートデータをテーブルに合うように並べ替えます。

前提条件

なし

内容と備考

次のとおりです。

 ♦ グローバルテンポラリテーブルを使用して構造が異なるデータをロードする
  1. [SQL 文] ウィンドウ枠で、入力ファイルと構造が一致するグローバルテンポラリテーブルを作成します。

    CREATE TABLE 文を使用して、グローバルテンポラリテーブルを作成できます。

  2. LOAD TABLE 文を使用して、作成したグローバルテンポラリテーブルにデータをロードします。

    データベース接続を閉じると、グローバルテンポラリテーブル内のデータは消去されます。ただし、テーブル定義は残ります。この定義は、次にデータベースに接続するときに使用できます。

  3. INSERT 文と SELECT 句を使用し、テンポラリテーブルからデータを抽出して要約し、データベースの 1 つまたは複数の永久テーブルにコピーします。

結果

データが、永久データベーステーブルにロードされます。

次の手順

なし。

 参照