Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL の使用法 » リモートデータとバルクオペレーション » リモートデータアクセス » プロキシテーブル

 

プロキシテーブルのロケーション

AT キーワードを CREATE TABLE 文と CREATE EXISTING TABLE 文とともに使用して、既存のオブジェクトのロケーションを定義します。ロケーション文字列は、ピリオドかセミコロンで区切られた 4 つの部分からなります。セミコロンデリミターを使用すると、データベースフィールドと所有者フィールドでファイル名と拡張子を使用できます。

AT 句の構文は次のようになります。

... AT 'server.database.owner.table-name'
  • server   CREATE SERVER 文で指定されたもので、Adaptive Server Anywhere がサーバーを識別する名前です。このフィールドはすべてのリモートデータソースに必須です。

  • database   データベースフィールドの意味は、データソースによって異なります。このフィールドは使用しないで、空にしておく場合があります。ただし、その場合でもデリミターは必要です。

    データソースが Adaptive Server Enterprise の場合は、database によってテーブルを保管しているデータベースが指定されます。たとえば、master または pubs2 などです。

    データソースが SQL Anywhere の場合は、このフィールドは適用されません。入力しないでおきます。

    データソースが Excel、Lotus Notes、または Access の場合は、テーブルが保管されているファイルの名前を入力します。ファイル名にピリオドがある場合には、セミコロンデリミターを使用してください。

  • owner   データベースが所有者の概念をサポートしている場合、所有者名を表します。このフィールドは、何人かの所有者が同じ名前でテーブルを所有する場合にだけ必要です。

  • table-name   このフィールドはテーブルの名前を指定します。Excel スプレッドシートの場合、これはブックのシートの名前になります。table-name を入力しない場合、リモートテーブル名はローカルのプロキシテーブル名と同じであると見なされます。

 例