Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL の使用法 » リモートデータとバルクオペレーション » データのインポートとエクスポート » データエクスポート

 

テーブルのエクスポート (コマンドラインの場合)

コマンドラインのアンロードユーティリティ (dbunload) を実行して、テーブルをエクスポートできます。

前提条件

データベースサーバーの -gl オプションは、データベースからデータをアンロードするときに必要となるパーミッションを制御します。

内容と備考

カンマ (,) をデリミターとしてテーブル名を区切ると、複数のテーブルをアンロードできます。

 ♦ テーブルのエクスポート (コマンドラインの場合)
  • 次のコマンドを実行します。

    dbunload -c "DBN=demo;UID=DBA;PWD=sql" 
    -t Employees c:\DataFiles

    このコマンドの -c ではデータベース接続パラメーターを指定し、-t ではエクスポートする 1 つまたは複数のテーブルの名前を指定します。この dbunload コマンドは、データを SQL Anywhere サンプルデータベース (デフォルトのデータベース名でデフォルトのデータベースサーバー上で実行されていると仮定) からサーバーコンピューター上の c:\DataFiles ディレクトリのファイルセットにアンロードします。データファイルからテーブルを再構築するのに必要な SQL スクリプトファイルは、デフォルト名 reload.sql として現在のローカルディレクトリに作成されます。

結果

データは、指定されたロケーションにエクスポートされます。

次の手順

なし。

 参照