Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL の使用法 » リモートデータとバルクオペレーション » データのインポートとエクスポート » データエクスポート

 

テーブルのエクスポート (SQL の場合)

Interactive SQL から UNLOAD TABLE 文を実行して、テーブルをエクスポートできます。

前提条件

UNLOAD 文を実行するのに必要なパーミッションは、データベースサーバの -gl オプションと、データをクライアントコンピュータ上のファイルに書き込むかどうかによって異なります。

内容と備考

次のプロシージャーは、ビューのエクスポートにも使用できます。

テーブル内のすべてのデータを選択して、クエリ結果をエクスポートすることにより、テーブルをエクスポートできます。

 ♦ テーブルのエクスポート (SQL の場合)
  • UNLOAD TABLE 文を実行します。次に例を示します。

    UNLOAD TABLE Departments
    TO 'departments.csv';

    この文は、SQL Anywhere サンプルデータベースの Departments テーブルをデータベースサーバーの現在の作業ディレクトリにある departments.csv ファイルにアンロードします。ネットワークデータベースサーバーに対して実行する場合、この文はクライアントコンピューターにではなく、サーバー上のファイルにデータをアンロードします。また、ファイル名はサーバーに文字列として渡されます。ディレクトリ名やファイル名が n (\n は改行文字) またはその他の特殊文字で始まる場合は、ファイル名に円記号 (エスケープ文字) を使用すれば誤った解釈を避けることができます。

    テーブルの各ローは出力ファイルの 1 行に書き出されます。また、カラム名はエクスポートされません。各カラムはカンマで区切られます。デリミターに使う文字は、DELIMITED BY 句で変更できます。フィールドは固定幅ではありません。エクスポートされるのは、各エントリの文字だけで、カラム幅全体ではありません。

結果

データが指定されたファイルにエクスポートされます。

次の手順

なし。

 参照