Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL の使用法 » テーブル、ビュー、インデックス » マテリアライズドビュー

 

オプティマイザーによるマテリアライズドビューの使用の有効化または無効化

クエリがマテリアライズドビューを参照しない場合でも、クエリを満たすとパフォーマンスが向上する場合、オプティマイザーは、クエリを満たすためビューを使用するよう決定できます。クエリを満たすため、オプティマイザーによるマテリアライズドビューの使用を有効または無効にできます。

前提条件

DBA 権限を所有しているか、マテリアライズドビューの所有者でなければなりません。

内容と備考

次のとおりです。

 ♦ Sybase Central を使用して最適化でマテリアライズドビューの使用を有効または無効にする
  1. SQL Anywhere 12 プラグインを使用して、データベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で、[ビュー] をダブルクリックします。

  3. マテリアライズドビューを右クリックして、[プロパティ] をクリックします。

  4. 必要に応じて、[一般] タブをクリックして、[最適化に使用] をオンにする、またはクリアします。

  5. [OK] をクリックします。

結果

オプティマイザーがマテリアライズドビューを使用できる場合、クエリでビューが明示的に参照されないとしても、オプティマイザーは、クエリを満たすための最良プランを計算するときにビューを考慮します。オプティマイザーがマテリアライズドビューを使用できない場合、オプティマイザーはビューを考慮しません。

次の手順

クエリ実行プランを見て、オプティマイザーがビューを使用するかどうか判断するため、ビューの基本となるオブジェクトに問い合わせることがあります。ただし、ビューの可用性によって、オプティマイザーがビューを使用しない可能性があります。オプティマイザーの選択は、パフォーマンスに基づいています。

 参照