Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL の使用法 » パフォーマンスの向上、診断、モニタリング » パフォーマンスのモニタリングと診断のツール » パフォーマンスモニターの統計値

 

メモリページの統計値

これらの統計値により、データベースサーバーが使用しているメモリ量とその目的を分析できます。

統計情報 スコープ 説明
メモリページ:ロックテーブル データベース ロック情報の保持に使用されているページの数を示します。
メモリページ:ロックヒープ サーバー キャッシュ内でロックされているヒープページの数を示します。
メモリページ:メインヒープ サーバー グローバルデータベースサーバーのデータ構造に使用されているページ数を示します。
メモリページ:マップページ データベース ロックテーブル、頻度テーブル、テーブルレイアウトへのアクセスに使用されたマップページの数を示します。
メモリページ:プロシージャー定義 データベース プロシージャーに使用された再配置可能なヒープページ数を示します。
メモリページ:再配置可能 データベース 再配置可能なヒープ (カーソル、文、プロシージャー、トリガー、ビューなど) で使用されるページの数を示します。
メモリページ:再配置/秒 データベース 再配置可能なヒープページがテンポラリファイルから読み出される頻度を示します。
メモリページ:ロールバックログ 接続とデータベース ロールバックログのページ数を示します。
メモリページ:トリガー定義 データベース トリガーで使用される再配置可能なヒープページの数を示します。
メモリページ:ビュー定義 データベース ビューで使用される再配置可能なヒープページの数を示します。