Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL の使用法 » パフォーマンスの向上、診断、モニタリング » パフォーマンス向上のヒント » キャッシュ関連のパフォーマンスに関連するヒント » 動的キャッシュサイズ決定

 

動的キャッシュサイズ決定 (Windows)

Windows と Windows Mobile では、データベースサーバーがキャッシュとオペレーションの統計を 1 分ごとに評価し、最適なキャッシュサイズを計算します。データベースサーバーは、ターゲットのキャッシュサイズを計算します。このキャッシュは、現在使用されていない物理メモリの約 5 MB をシステムが使用できるように残し、それ以外をすべて使用します。ターゲットキャッシュサイズが、明示的または暗黙的に指定された最小キャッシュサイズより小さくなることはありません。ターゲットのキャッシュサイズは、明示的または暗黙的に指定された最大キャッシュサイズ、またはすべてのオープンデータベースとテンポラリファイル合計サイズにメインヒープのサイズを加えたものを超えることはありません。

キャッシュサイズの変動を防ぐために、データベースサーバーはキャッシュサイズを段階的に増やします。すぐにターゲット値に調整するのではなく、調整するたびに現在のサイズとターゲットサイズの差の 75% ずつキャッシュサイズを修正します。

Windows では、データベースサーバーの起動時に -cw コマンドラインオプションを指定すると、Address Windowing Extensions (AWE) を使用して大きなキャッシュサイズをサポートできます。AWE キャッシュでは、動的キャッシュサイズ決定はサポートされていません。Windows Mobile では、AWE キャッシュをサポートしていません。

注意

AWE は使用されなくなりました。サイズの大きいキャッシュが必要な場合は、64 ビット版の Windows オペレーティングシステムで 64 ビット版の SQL Anywhere データベースサーバーを使用することをおすすめします。