Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL の使用法 » パフォーマンスの向上、診断、モニタリング » パフォーマンス向上のヒント

 

クエリのパフォーマンスのモニター

SQL Anywhere には、クエリのパフォーマンスをテストするツールが複数用意されています。これらのツールは、この後に示す %SQLANYSAMP12%\SQLAnywhere のサブディレクトリにあります。各ツールの完全なマニュアルについては、ツールと同じフォルダーにある readme.txt ファイルを参照してください。

クエリの実行時間を測定するシステムプロシージャーについては、sa_get_request_profile システムプロシージャーsa_get_request_times システムプロシージャーを参照してください。

ツール 関数 ロケーション
fetchtst 結果セットの取り出しに必要な時間を決定します。 %SQLANYSAMP12%\SQLAnywhere\PerformanceFetch
odbcfet 結果セットの取り出しに必要な時間を決定します。このツールは fetchtst に似ていますがより限定的です。 %SQLANYSAMP12%\SQLAnywhere\PerformanceFetch
instest ローをテーブルに挿入するための所要時間を決定します。 %SQLANYSAMP12%\SQLAnywhere\PerformanceInsert
trantest データベース設計とトランザクションセットが与えられている特定のデータベースサーバー設定によって処理できる負荷を測定します。 %SQLANYSAMP12%\SQLAnywhere\PerformanceTransaction
 参照