Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL の使用法 » パフォーマンスの向上、診断、モニタリング » パフォーマンスのモニタリングと診断のツール » 診断トレーシング

 

診断トレーシングのタイプ

次の表は、診断トレーシングで選択できるトレーシング「タイプ」を示します。各診断トレーシングタイプには、次に示すように、対応する条件が必要です。また、dbo.sa_diagnostic_tracing_level 診断テーブルの trace_type カラムに格納されます。対応する診断トレーシング条件が trace_condition カラムに格納されていることがあります。

trace_type カラムの値は、データベーストレーシングウィザードで指定される設定を反映しています。

trace_type カラムの値 説明
VOLATILE_STATISTICS

頻繁に変化するデータベースとサーバーの統計値のサンプルを収集します。

スコープと条件:この診断トレーシングタイプは、DATABASE スコープが必要で、SAMPLE_EVERY 条件をデータ収集の間隔として使用します。

NONVOLATILE_STATISTICS

頻繁に変化しないデータベースとサーバーの統計値のサンプルを収集します。不揮発性の統計値は、揮発性の統計値よりも頻繁に収集できません。不揮発性の統計値を収集するには、揮発性の統計値を収集する必要があります。不揮発性の統計値のサンプリング間隔は、揮発性の統計値に指定する間隔の倍数である必要があります。

スコープと条件:この診断トレーシングタイプは、DATABASE スコープが必要で、SAMPLE_EVERY 条件をデータ収集の間隔として使用します。

CONNECTION_STATISTICS

接続の統計値のサンプルを収集します。スコープがデータベースの場合は、データベースへのすべての接続の統計値が収集されます。スコープがユーザーの場合は、指定するユーザーのすべての接続の統計値が収集されます。スコープが CONNECTION_NAME または CONNECTION_NUMBER の場合、指定する接続の統計値だけが収集されます。CONNECTION_STATISTICS を収集するには、揮発性の統計値を収集する必要があります。サンプリング間隔は、VOLATILE_STATISTICS に指定する間隔の倍数である必要があります。

スコープと条件:この診断トレーシングタイプは、DATABASE、USER、CONNECTION_NUMBER、CONNECTION_NAME スコープで使用できます。また、SAMPLE_EVERY 条件をデータ収集の間隔として使用します。

BLOCKING

指定するスコープと条件に従ってブロックに関する情報を収集します。スコープが CONNECTION_NAME または CONNECTION_NUMBER の場合、接続が別の接続をブロックしたとき、または別の接続によってブロックされたときにブロックを記録できます。

スコープと条件:この診断トレーシングタイプはすべてのスコープで使用でき、NONE、NULL、SAMPLE_EVERY の収集条件のいずれかを使用できます。

PLANS

条件とスコープに従ってクエリ実行プランを収集します。

スコープと条件:この診断トレーシングタイプはすべてのスコープで使用でき、NONE、NULL、SAMPLE_EVERY、ABSOLUTE_COST の収集条件のいずれかを使用できます。

PLANS_WITH_STATISTICS

実行の統計値があるプランを収集します。プランはカーソルのクローズ時間に記録されます。RELATIVE_COST_DIFFERENCE 条件を指定した場合、出力内の統計値の一部は推測された統計値である可能性があります。

スコープと条件:この診断トレーシングタイプはすべてのスコープで使用でき、収集条件のいずれかを受け入れます。

STATEMENTS

指定するスコープと条件の SQL 文を収集します。内部変数は、各プロシージャーが初めて実行されるときに収集されます。この診断トレーシングタイプは、STATEMENTS_WITH_VARIABLES、PLANS、PLANS_WITH_STATISTICS、OPTIMIZATION_LOGGING、OPTIMIZATION_LOGGING_WITH_PLANS のいずれかの診断トレーシングタイプを指定した場合に自動的に追加されます。

スコープと条件:この診断トレーシングタイプはすべてのスコープで使用でき、収集条件のいずれかを使用できます。

STATEMENTS_WITH_VARIABLES

SQL 文と文に付加された変数を収集します。各変数 (内部変数またはホスト変数) に割り当てられた値も収集されます。

スコープと条件:この診断トレーシングタイプはすべてのスコープで使用でき、収集条件のいずれかを使用できます。

OPTIMIZATION_LOGGING

各クエリの実行に対してオプティマイザーで考慮されたジョイン方式に関するデータを収集します。各方式の実行コストに関する情報や、構造のツリーを再構成するために必要な基本情報が収集されます。クエリに適用された書き換えに関する情報も収集されます。スコープが DATABASE、CONNECTION_NAME、CONNECTION_NUMBER、ORIGIN、または USER 以外の場合、最初に記録される文のテキストが、クエリの最初のテキストと異なる場合があります。これは、現在の文に最適化ロギングを適用するかどうかを判断する前に書き換えが適用される場合があるからです。この診断トレーシングタイプは、OPTIMIZATION_LOGGING_WITH_PLANS 診断トレーシングタイプを指定すると自動的に追加されます。

この診断トレーシングタイプはすべてのスコープに対応し、条件は指定できません。

OPTIMIZATION_LOGGING_WITH_PLANS

オプティマイザーで考慮されたジョイン方式に関するデータを収集します。各方式の実行コストに関する情報や、ジョイン方式のツリー構造を表す完全な XML プランが収集されます。クエリに適用された書き換えに関する情報も収集されます。スコープが DATABASE、CONNECTION_NAME、CONNECTION_NUMBER、ORIGIN、または USER 以外の場合、最初に記録される文のテキストが、クエリの最初のテキストと異なる場合があります。これは、現在の文に最適化ロギングを適用するかどうかを判断する前に書き換えが適用される場合があるからです。OPTIMIZATION_LOGGING トレーシングタイプは、OPTIMIZATION_LOGGING_WITH_PLANS トレーシングタイプを指定すると自動的に追加されます。

この診断トレーシングタイプはすべてのスコープに対応し、条件は指定できません。

 参照