Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL の使用法 » パフォーマンスの向上、診断、モニタリング » パフォーマンスのモニタリングと診断のツール » 診断トレーシング

 

診断トレーシングの設定の変更

診断トレーシングの設定は、運用データベースに固有です。Sybase Central のデータベーストレーシングウィザードを使用すると、トレーシングセッションを作成するときに診断トレーシングの設定を変更できます。

データベーストレーシングウィザードで設定する診断トレーシングの設定は、アプリケーションプロファイリングウィザードの設定または動作に影響しません。アプリケーションプロファイリングウィザードの設定は事前に設定され、変更できません。

sa_set_tracing_level システムプロシージャーを使用して診断トレーシングレベルを変更することもできます。この方法では、トレーシングセッションは開始されず、またトレーシングセッションが実行中だった場合には失敗します。また、Sybase Central の場合と異なり、スコープ、条件、値など、設定できる項目が限定されてしまいます。

 例
 参照