Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL の使用法 » パフォーマンスの向上、診断、モニタリング » パフォーマンスのモニタリングと診断のツール » 診断トレーシング

 

要求トレース分析の実行

特定のアプリケーションまたは要求に問題がある場合、要求トレース分析を行って問題を特定できます。要求トレース分析を行うには、データベーストレーシングウィザードを設定して、問題があるユーザー、接続、または要求の診断データだけが収集されるようにします。

前提条件

DBA または PROFILE 権限

内容と備考

アプリケーション/プロファイリング/モードのさまざまなデータ表示ツールを使用すると、競合やボトルネックの可能性を特定できます。

 ♦ 要求トレース分析の実施 (Sybase Central の場合)
  1. SQL Anywhere 12 プラグインを使用して、データベースに接続します。

  2. [モード]  » [アプリケーショ プロファイリング] をクリックします。アプリケーションプロファイリングウィザードが表示された場合は、[キャンセル] をクリックします。

  3. データベースを右クリックして [トレーシング] をクリックするか、[トレーシング] » [トレーシングの設定と開始] をクリックします。

  4. データベーストレーシングウィザードの指示に従います。

  5. トレーシングデータの収集を終了したら、データベースを右クリックし、[トレーシング] » [トレーシングを停止して保存] をクリックします。

  6. [アプリケーションプロファイリングの詳細] ウィンドウ枠で、[分析ファイルを開くかトレーシングデータベースに接続します。] をクリックします。

  7. [トレーシング データベース内] をクリックし、[開く] をクリックします。

  8. [ユーザー名][パスワード] フィールドに入力し、[OK] をクリックします。

  9. [アプリケーション プロファイリングの詳細] ウィンドウ枠で、[ロギング セッション ID] リストの最後のエントリをクリックします。

  10. [アプリケーションプロファイリングの詳細] ウィンドウ枠の最下部にある [データベーストレーシングデータ] タブをクリックします。

結果

タブを選択すると、分析のために収集されたデータをさまざまなビューで表示できます。たとえば、[概要] タブには、トレーシングセッション中にデータベースに対して実行されたすべての要求が表示されます。これには、要求の実行回数、実行の継続時間、要求を実行したユーザーなどが含まれます。リストが長く、特定の要求を探している場合は、[概要] タブの [フィルタリング] タイトルバーをクリックし、[SQL 文に含まれる内容] フィールドに文字列を入力します。

次の手順

特定の要求に関する詳細を表示するには、要求を右クリックし、[選択された概要の SQL 文に対する詳細 SQL 文を表示] をクリックします。[詳細] タブが表示されます。要求を含むローを右クリックすると、その他の SQL 文、接続、ブロックの詳細など、さらに表示する情報を選択できます。