Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL の使用法 » データの問い合わせと修正 » クエリ » 高度:クエリ最適化 » オプティマイザーの仕組み

 

オプティマイザーの推定と統計

オプティマイザーは、データベースに格納されている「カラム統計」「ヒューリスティック」 (発見的手法) に基づいて、文の処理方式を選択します。オプティマイザーが検討するアクセスプランごとに、推定された結果サイズ (ローの数) を計算する必要があります。たとえば、クエリで使用される述部の選択性推定に基づいたジョイン方式やインデックスアクセスごとに、推定された結果サイズが計算されます。推定された結果サイズは、プランで使用される演算子ごと (ジョイン方式、GROUP BY 方式、逐次スキャンなど) にディスクアクセスや CPU の推定コストの計算に使用されます。カラム統計は、述部の選択性推定を計算するためにオプティマイザーが使用するプライマリデータです。そのため、アクセスプランのコストを適切に推定するためにカラム統計は重要です。

カラム統計が古くなったりなくなったりすると、不正確な統計により非効率な実行プランとなる可能性があり、パフォーマンスが低下することがあります。パフォーマンスの悪化の原因が不正確なカラム統計にあると考えられる場合は、カラム統計を再作成してください。

 オプティマイザーによる統計の使用方法
 オプティマイザーによるヒューリスティックの使用方法
 参照