Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL の使用法 » ストアドプロシージャー、トリガー、バッチ、ユーザー定義関数 » トリガー

 

トリガーの削除

 ♦ トリガーの削除 (Sybase Central の場合)

トリガーを削除するには、トリガーの関連するテーブルの ALTER パーミッションが必要となります。

  1. SQL Anywhere 12 プラグインを使用して、DBA 権限のあるユーザーとして、またはトリガーの所有者として、データベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で、[トリガー] をダブルクリックします。

  3. トリガーを選択して、[編集]  » [削除] をクリックします。

  4. [はい] をクリックします。

 ♦ トリガーの削除 (SQL の場合)

トリガーを削除するには、トリガーの関連するテーブルの ALTER パーミッションが必要となります。

  1. DBA 権限のあるユーザーまたはトリガーの所有者としてデータベースに接続します。

  2. DROP TRIGGER 文を実行します。

 例
 参照