Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL の使用法 » ストアドプロシージャー、トリガー、バッチ、ユーザー定義関数

 

プロシージャー、トリガー、ユーザー定義関数の構造

プロシージャーまたはトリガーの本文は複合文で構成されています。複合文は、SQL 文のセットを BEGIN と END で囲んだものです。各文はセミコロンで区切ります。

 参照

プロシージャーのパラメーター宣言
プロシージャーにパラメーターを渡す方法
パラメーターを関数に渡す