Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL の使用法 » データの問い合わせと修正 » 共通テーブル式

 

再帰共通テーブル式

繰り返し実行される場合、共通テーブル式は再帰的であり、各実行によって、完全な結果セットが取得されるまで追加のローが返されます。WITH 句で WITH の直後に RECURSIVE キーワードを挿入することによって、共通テーブル式を再帰的にすることができます。1 つの WITH 句には、再帰的と非再帰的両方の複数の再帰式を含めることができます。

再帰を使用すると、ツリーまたはツリーに似たデータ構造を表すテーブルをトラバースすることが簡単になります。再帰式を使用しないで単一の文内でそのような構造をトラバースする唯一の方法は、考えられるレベルごとに 1 回ずつテーブルをそれ自体にジョインすることです。

 再帰共通テーブル式に関する制限
 例
 参照

再帰共通テーブル式でのデータ型宣言
複数の再帰共通テーブル式