Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL の使用法 » データの問い合わせと修正 » クエリ

 

SELECT リスト:カラムの指定

SELECT リストは、データを問い合わせる 1 つ以上のオブジェクトから構成されます。SELECT リストは、通常はカンマで区切った一連のカラム名か、またはすべてのカラムを表すアスタリスク演算子で構成されています。より一般的には、SELECT リストには、1 つ以上の式がカンマで区切られた形で記述されます。リストの最終カラムの後や、リストにカラムが 1 つしかない場合、カンマはありません。

SELECT リストの一般的な構文は次のようになります。

SELECT expression [, expression  ]...

リスト中に、有効な識別子としての規則を満たしていないテーブルやカラムを記述する場合は、それらの識別子を二重引用符で囲んでください。

SELECT リストの式に記述することができるのは、* (すべてのカラム)、カラム名のリスト、文字列、カラムの見出し、算術演算子のある式です。また、集合関数も使用できます。

 参照

テーブルからのすべてのカラムの選択
テーブルからの特定のカラムの選択
クエリ結果にある名前が変更されたカラム
クエリ結果の文字列
SELECT リストの計算値
重複したクエリ結果の削除