Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL の使用法 » リモートデータとバルクオペレーション » リモートデータアクセス » 内部オペレーション » クエリで実行される内部オペレーション

 

クエリの正規化

クエリ内で参照されているオブジェクトが検証され、いくつかのデータ型の互換性が検査されます。

次のクエリを例にとります。

SELECT *
FROM t1
WHERE c1 = 10;

クエリの正規化の段階で、カラム c1 を持つテーブル t1 がシステムテーブルに存在することを確認します。また、カラム c1 のデータ型が値 10 と互換性があることも確認します。たとえば、カラムのデータ型が TIMESTAMP であれば、この文は拒否されます。