Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL の使用法 » パフォーマンスの向上、診断、モニタリング » アプリケーションプロファイリングのチュートリアル » チュートリアル:プロシージャープロファイリングをベースラインとして使用

 

レッスン 2:baseline プロシージャーに対する更新されたプロシージャーの実行

 ♦ baseline プロシージャーに対する更新されたプロシージャーの実行
  1. Sybase Central で、[モード]  » [アプリケーションプロファイリング] をクリックします。

    アプリケーションプロファイリングウィザードが表示されない場合は、[アプリケーションプロファイリング]  » [アプリケーションプロファイリングウィザードを開く] をクリックします。

  2. [ようこそ] ページで、[次へ] をクリックします。

  3. [プロファイリングオプション] ページで [ストアドプロシージャー、ファンクション、トリガー、またはイベントの実行時間] をクリックします。

  4. [完了] をクリックします。

    データベースサーバーでプロシージャープロファイリングが開始します。

  5. Sybase Central の左ウィンドウ枠で、[プロシージャーとファンクション] をダブルクリックします。

  6. baseline プロシージャーを右クリックし、[Interactive SQL から実行] をクリックします。プロシージャープロファイリングが有効になっているため、プロシージャーの実行の詳細が取得されます。

  7. Interactive SQL を閉じます。

  8. プロファイリング結果を表示します。

    1. Sybase Central の左ウィンドウ枠で、baseline プロシージャーを選択します。

    2. 右ウィンドウ枠で、[プロファイリング結果] タブをクリックします。結果が表示されない場合は、[表示]  » [フォルダーの再表示] をクリックします。

      baseline プロシージャーの行ごとの実行時間が表示されます。

  9. プロファイリング結果を保存します。

    1. データベースを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

    2. [プロファイリング設定] タブをクリックします。

    3. [データベース内に現在あるプロファイリング情報を次のプロファイリングログファイルに保存する] をクリックし、プロファイリングログファイルのロケーションとファイル名を指定します。

    4. [適用] をクリックします。プロパティウィンドウは閉じないでください。

      収集したプロシージャーのプロファイリング情報は、指定したプロファイリングログファイル (.plg) に保存されます。

  10. プロファイリングログファイルをベースラインとして使用することを指定します。

    1. [App_Profiling - DBA データベースのプロパティ] ウィンドウの [プロファイリング設定] タブで、[次のプロファイリングログファイルのプロファイリング情報を比較のベースラインとして使用する] をクリックします。

    2. 作成したプロファイリングログファイルを探して選択します。

    3. [適用] をクリックします。

    4. [OK] をクリックし、[App_Profiling - DBA データベースのプロパティ] ウィンドウを閉じます。

  11. baseline プロシージャーに変更を加えます。

    1. Sybase Central で、[モード]  » [設計] をクリックします。

    2. 左ウィンドウ枠の [プロシージャーとファンクション] で baseline プロシージャーを参照して選択します。

    3. 右ウィンドウ枠の [SQL] タブで、既存の INSERT 文を削除します。

    4. 次の SQL 文をコピーし、プロシージャーにペーストします。

      INSERT table1 
         SELECT COUNT ( * ) FROM rowgenerator r1, rowgenerator r2, rowgenerator r3 
         WHERE r3.row_num < 250;
    5. [ファイル]  » [保存] をクリックします。

  12. [プロシージャーとファンクション] で、baseline プロシージャーを右クリックし [Interactive SQL から実行] をクリックします。

  13. プロシージャーが完了したら、Interactive SQL を終了します。

  14. チュートリアルを続行するには、次のリンクをクリックします。レッスン 3:プロシージャープロファイリングの結果の比較

 参照