Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL の使用法 » データ整合性 » テーブルとカラム制約

 

一意性制約の管理

Sybase Central のカラムの一意性制約を作成または削除できます。

前提条件

DBA 権限。

内容と備考

一意性制約には空間カラムは設定できません。

カラムの場合、一意性制約では、カラム値をユニークにする必要があることを指定します。テーブルの場合、一意性制約では、テーブル内のユニークなローを識別する 1 つ以上のカラムを指定します。テーブル内の異なるローが、指定されているすべてのカラムで同じ値を持つことはできません。1 つのテーブルには、複数の一意性制約を設定できます。

 ♦ 一意性制約の管理 (Sybase Central の場合)
  1. SQL Anywhere 12 プラグインを使用して、データベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で、[テーブル] をダブルクリックします。

  3. 変更するテーブルをクリックします。

  4. 右ウィンドウ枠で、[制約] タブをクリックします。

  5. [制約] テーブルを右クリックし、[新規] » [一意性制約] をクリックします。

  6. 一意性制約作成ウィザードの指示に従います。

結果

一意性制約が作成されます。

次の手順

なし。