Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL の使用法 » パフォーマンスの向上、診断、モニタリング » パフォーマンスのモニタリングと診断のツール » 診断トレーシング

 

現在の診断トレーシングの設定の確認 (SQL の場合)

sa_diagnostic_tracing_level テーブルへのクエリで、現在、有効になっている診断トレーシングの設定を取得できます。

前提条件

DBA または PROFILE 権限

内容と備考

次のとおりです。

 ♦ 現在の診断トレーシングの設定の確認
  1. データベースに接続します。

  2. sa_diagnostic_tracing_level テーブルに対して、enabled カラムが 1 のローを問い合わせます。

結果

データベースサーバーから、現在使用中の診断トレーシングの設定が返されます。enabled カラムが 1 の場合、設定が有効であることを示します。

次の手順

なし。

次の文は、sa_diagnostic_tracing_level 診断テーブルに問い合わせ、現在の診断トレーシングの設定を取得する方法を示します。

SELECT * FROM sa_diagnostic_tracing_level WHERE enabled = 1;

次の表は、クエリの結果セットの例を示します。

id scope identifier trace_type trace_condition value enabled
1 database (NULL) volatile_statistics sample_every 1,000 1
2 database (NULL) nonvolatile_statistics sample_every 60.000 1
3 database (NULL) connection_statistics (NULL) 60,000 1
4 database (NULL) blocking (NULL) (NULL) 1
5 database (NULL) deadlock (NULL) (NULL) 1
6 database (NULL) plans_with_statistics sample_every 2,000 1

 参照