Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL の使用法 » データの問い合わせと修正 » クエリ » WHERE 句:ローの指定

 

WHERE 句でのリスト

IN キーワードは、値のリストのいずれかに一致する値を選択するためのキーワードです。式は定数またはカラム名であり、リストは、定数のセット、またはより一般的には、サブクエリです。

たとえば、IN を使用せずに、オンタリオ州、マニトバ州、またはケベック州内の顧客すべての名前と州名をリストする場合は、次のようなクエリを入力します。

SELECT CompanyName, State
   FROM Customers
   WHERE State = 'ON' OR State = 'MB' OR State = 'PQ';

ただし、得られる結果は IN を使用したときと同じになります。IN キーワードに続く項目は、カンマで区切り、カッコで囲んでください。文字、日付、時刻の値の前後に一重引用符を入力します。次に例を示します。

SELECT CompanyName, State
   FROM Customers
   WHERE State IN( 'ON', 'MB', 'PQ');

おそらく、IN キーワードの最も重要な用途は、サブクエリとも呼ばれる、ネストされたクエリの中で使用される場合です。