Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー SQL の使用法 » テーブル、ビュー、インデックス » マテリアライズドビュー

 

高度:マテリアライズドビューの再表示タイプの変更

マテリアライズドビューを作成すると、再表示タイプは手動になります。ただし、即時タイプに変更できます。再び、即時ビューを手動ビューに戻すこともできます。

前提条件

DBA 権限を所有するユーザーか、ビューとビューが参照する全テーブルの所有者である必要があります。

手動から即時に変更するには、ビューが未初期化状態である (データを含まない) 必要があります。ビューが作成された直後でまだリフレッシュされていない場合は、未初期化状態になっています。マテリアライズドビューにデータがある場合、即時に変更する前に TRUNCATE 文を実行して未初期化状態に戻す必要があります。また、マテリアライズドビューにはユニークインデックスも必要で、即時ビューに必要な制限に従う必要があります。

再表示タイプの変更以外の手順を追加しないで、即時ビューをいつでも手動に変更できます。

内容と備考

次のとおりです。

 ♦ Sybase Central を使用したマテリアライズドビューの再表示タイプの変更
  1. SQL Anywhere 12 プラグインを使用して、データベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で、[ビュー] をダブルクリックします。

  3. マテリアライズドビューを右クリックして、[プロパティ] をクリックします。

  4. 手動ビューを即時ビューに変更するには、[再表示タイプ] フィールドで [即時] をクリックします。

  5. 即時ビューを手動ビューに変更するには、[再表示タイプ] フィールドで [手動] をクリックします。

  6. [OK] をクリックします。

結果

マテリアライズドビューの再表示タイプが変更されます。基本となるオブジェクトのデータが変更されると、即時ビューが更新されます。手動ビューを再表示すると、手動ビューが更新されます。

次の手順

手動から即時へ変更したら、ビューを初期化(再表示)してデータを取り込む必要があります。

 参照