Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Mobile Link クライアント管理 » Mobile Link 用 SQL Anywhere クライアント » SQL Anywhere クライアント

 

リモートデータベースの作成

SQL Anywhere データベースは、Mobile Link システムでリモートデータベースとして使用できます。必要な作業は、パブリケーション、Mobile Link ユーザー、同期サブスクリプションを作成して、ユーザーを統合データベースに登録することだけです。

注意

トランザクションログのないデータベースは、スクリプト化されたアップロードやダウンロード専用のパブリケーションのリモートデータベースとしてのみ使用できます。

同期モデル作成ウィザードを使用して Mobile Link クライアントアプリケーションを作成した場合、これらのオブジェクトはモデルの配備時に自動的に作成されます。この場合も、概念を理解している必要があります。

 ♦ リモートデータベースとしての SQL Anywhere データベースの使用
  1. 既存の SQL Anywhere データベースを指定して起動するか、新しいデータベースを作成してテーブルを追加します。

  2. リモートデータベース内で 1 つまたは複数のパブリケーションを作成します。

    パブリケーションを参照してください。

  3. リモートデータベースに Mobile Link ユーザーを作成します。

    Mobile Link ユーザーの作成を参照してください。

  4. ユーザーを統合データベースに登録します。

    統合データベースへの Mobile Link ユーザー名の追加を参照してください。

  5. リモートデータベースで同期サブスクリプションを作成します。

    同期サブスクリプションの作成を参照してください。


リモートデータベースの配備
リモート ID の設定
リモートデータベースのアップグレード
進行オフセット