Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Mobile Link クライアント管理 » Mobile Link 用 SQL Anywhere クライアント » SQL Anywhere クライアント » リモートデータベースの作成

 

リモートデータベースの配備

SQL Anywhere リモートデータベースを配備するには、データベースを作成し、適切なパブリケーションを追加する必要があります。これを行うには、プロトタイプのリモートデータベースをカスタマイズします。

スターターデータベースを複数のロケーションに配備する場合は、リモート ID に NULL が設定されているデータベースを配備するのが最も安全です。事前に移植するようにデータベースを同期した場合は、配備前にリモート ID を NULL に設定し直すことができます。この方法では、リモートデータベースが初めて同期したときにユニークなリモート ID が割り当てられるため、リモート ID の重複を確実に避けることができます。また、リモート ID はリモートセットアップ手順として設定できますが、ユニークでなければなりません。

同期モデル作成ウィザードを使用して Mobile Link クライアントアプリケーションを作成する場合は、ウィザードを使用してデータベースを配備できます。

 ♦ プロトタイプをカスタマイズすることによる Mobile Link リモートデータベースの配備
  1. プロトタイプとなるリモートデータベースを作成します。

    プロトタイプデータベースには、必要なテーブルとパブリケーションをすべて入れますが、各データベースに固有の情報を入れる必要はありません。通常、この情報は次のとおりです。

    • Mobile Link ユーザー名

    • 同期サブスクリプション

    • グローバルオートインクリメントキー値の始点を提供する global_database_id オプション

  2. リモートデータベースごとに、次の操作を実行します。

    • リモートデータベースを保持するディレクトリを作成します。

    • そのディレクトリにプロトタイプのリモートデータベースをコピーします。

      トランザクションログがリモートデータベースと同じディレクトリに保持されている場合、ログファイル名を変更する必要はありません。

    • 個々の情報をデータベースに追加する SQL スクリプトを実行します。

      この SQL スクリプトは、パラメーター化されたスクリプトにすることができます。 パラメーター化されたスクリプトの詳細については、PARAMETERS 文 [Interactive SQL]SQL スクリプトファイルを参照してください。

 例
 参照