Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Mobile Link クライアント管理 » Mobile Link クライアントの概要 » Mobile Link ユーザー » リモート ID

 

Mobile Link リモート ID 名

リモート ID は GUID として作成されますが、意味のある名前に変更することもできます。SQL Anywhere と Ultra Light データベースの場合、リモート ID は、ml_remote_id と呼ばれるプロパティとしてデータベースに保存されます。

SQL Anywhere クライアントについては、リモート ID の設定を参照してください。

Ultra Light クライアントについては、Ultra Light ml_remote_id オプションを参照してください。

リモート ID を手動で設定し、その後リモートデータベースを再作成した場合は、再作成したリモートデータベースに古いリモートデータベースとは異なる名前を付けるか、ml_reset_sync_state ストアドプロシージャーを使用して、統合データベース内でリモートデータベースのステータス情報をリセットします。 ml_reset_sync_state システムプロシージャーを参照してください。

スターターデータベースを複数のロケーションに配備する場合は、リモート ID に NULL が設定されているデータベースを配備するのが最も安全です。事前に移植するようにデータベースを同期した場合は、配備前にリモート ID を NULL に設定し直すことができます。この方法では、リモートデータベースが初めて同期したときにユニークなリモート ID が割り当てられるため、リモート ID の重複を確実に避けることができます。また、リモート ID はリモートデータベースセットアップ手順として設定できますが、ユニークでなければなりません。

 例