Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Mobile Link サーバー管理 » Mobile Link サーバー API » .NET での同期スクリプトの作成

 

.NET 同期のサンプル

このサンプルは、.NET 同期論理を使用して authenticate_user イベントを処理する方法を表示するように既存のアプリケーションを変更します。このサンプルは、AuthUser.cs という名前の authenticate_user 用の C# スクリプトを作成します。このスクリプトは、user_pwd_table というテーブル内でユーザーのパスワードを検索し、そのパスワードに基づいてユーザーを認証します。

 ♦ 独自の .NET 同期スクリプトの作成
  1. テーブル user_pwd_table をデータベースに追加します。Interactive SQL で次の SQL 文を実行します。

    CREATE TABLE user_pwd_table (
      user_name  varchar(128) PRIMARY KEY NOT NULL,
      pwd        varchar(128)
    )
  2. ユーザーとパスワードをテーブルに追加します。

    INSERT INTO user_pwd_table VALUES('user1', 'myPwd')
  3. .NET アセンブリ用のディレクトリを作成します例:c:\mlexample

  4. 次の内容の AuthUser.cs というファイルを作成します。

    authenticate_user 接続イベントを参照してください。



    using System;
    using iAnywhere.MobiLink.Script; 
    namespace MLExample {
      
    public class AuthClass {
        private DBConnection  _conn;
    
        /// AuthClass constructor.
        public AuthClass(DBConnectionContext cc) {
            _conn   = cc.GetConnection();
        }
    
        /// The DoAuthenticate method handles the 'authenticate_user'
        /// event.  
        /// Note: This method does not handle password changes for
        /// advanced authorization status codes.
        public void DoAuthenticate(
            ref int authStatus,
            string user,
            string pwd,
            string newPwd)
        {
            DBCommand   pwd_command = _conn.CreateCommand();
            pwd_command.CommandText = "select pwd from user_pwd_table"
                + " where user_name = ? ";
            pwd_command.Prepare();
    
            // Add a parameter for the user name.
            DBParameter user_param  = new DBParameter();
            user_param.DbType       = SQLType.SQL_CHAR;
    
            // Set the size for SQL_VARCHAR.
            user_param.Size     = (uint) user.Length;
            user_param.Value    = user;
            pwd_command.Parameters.Add(user_param);
    
            // Fetch the password for this user.
            DBRowReader rr      = pwd_command.ExecuteReader();
            object[] pwd_row    = rr.NextRow();
    
            if (pwd_row == null) {
                // User is unknown.
                authStatus  = 4000;
            }
            else {
                if (((string) pwd_row[0]) == pwd) {
                    // Password matched.
                    authStatus = 1000;
                }
                else {
                    // Password did not match.
                    authStatus = 4000;
                }
            }
            pwd_command.Close();
            rr.Close();
            return;
        }
    }

    MLExample.AuthClass.DoAuthenticate メソッドは、authenticate_user イベントを処理します。これはユーザー名とパスワードを受け入れ、検証の成功または失敗を示す認証ステータスコードを返します。

  5. ファイル AuthUser.cs をコンパイルします。コンパイルは、コマンドラインまたは Visual Studio で実行できます。

    たとえば、次のコマンドラインは AuthUser.cs をコンパイルし、example.dll という名前のアセンブリを c:\mlexample に生成します。

    csc /out:c:\mlexample\example.dll /target:library /reference:"%SQLANY12%\Assembly\V2\iAnywhere.MobiLink.Script.dll" AuthUser.cs
  6. authenticate_user イベント用の .NET コードを登録します。実行する必要があるメソッドは、ネームスペース MLExample とクラス AuthClass にあります。次の SQL を実行します。

    CALL ml_add_dnet_connection_script('ex_version', 'authenticate_user', 'MLExample.AuthClass.DoAuthenticate');
    COMMIT
  7. 次のオプションで Mobile Link サーバーを実行します。このオプションによって、Mobile Link が c:\myexample 内のすべてのアセンブリをロードします。

    -sl dnet (-MLAutoLoadPath=c:\mlexample)

これで、ユーザーがバージョン ex_version と同期するときに、テーブル user_pwd_table のパスワードで認証されるようになります。