Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Mobile Link サーバー管理 » Mobile Link サーバーテクノロジ

 

Mobile Link 統合データベース

統合データベースには、Mobile Link で必要なシステムオブジェクトが格納されます。通常、統合データベースにはアプリケーションデータも格納されますが、アプリケーションデータのすべてまたは一部は、他の方法でも格納できます。

Mobile Link は、32 ビットおよび 64 ビットの環境にある Windows および Linux 用の統合データベースをサポートしています。統合データベースとして、ODBC に準拠した以下のいずれかの RDBMS を使用できます。

サポートされているバージョンについては、[external link] http://www.ianywhere.jp/sas/os.html を参照してください。

Mobile Link で推奨される ODBC ドライバーの詳細については、[external link] http://www.ianywhere.jp/tech/odbc_mobilink.html を参照してください。

SQL Anywhere のインストール環境には、各タイプの RDBMS の Mobile Link 設定スクリプトが含まれています。その RDBMS を Mobile Link で使用するには、該当する設定スクリプトを実行する必要があります。設定スクリプトは、Mobile Link で必要なテーブルとストアドプロシージャーを追加します。

各タイプの RDBMS を統合データベースとして設定する方法については、統合データベースの設定を参照してください。

特定の統合データベース用の同期スクリプトを記述する方法については、RDBMS 依存の同期スクリプトを参照してください。

 他のデータソースとの同期
 統合データベースの変更に関する制限

リモートテーブルと統合データベースの関係
統合データベースの設定
RDBMS 依存の同期スクリプト
空間データの同期
Adaptive Server Enterprise 統合データベース
IBM DB2 LUW 統合データベース
Microsoft SQL Server 統合データベース
MySQL 統合データベース
Oracle 統合データベース
SQL Anywhere 統合データベース
Sybase IQ 統合データベース