Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Mobile Link サーバー管理 » Mobile Link サーバーテクノロジ » Mobile Link モニター

 

統計のカスタマイズ

ウォッチマネージャーを使用すると、指定した基準を満たす同期を視覚的に区別できます。たとえば、大規模な同期、長時間の同期、長時間を要する小規模な同期、または警告を受信した同期を強調表示できます。

ウォッチマネージャーを開くには、Mobile Link モニターを開き、[ツール] » [ウォッチマネージャー] をクリックします。

ウォッチマネージャーの左ウィンドウ枠には、使用可能なすべてのウォッチのリストが表示されます。右ウィンドウ枠には、アクティブなウォッチのリストが表示されます。ウォッチをアクティブリストに追加したり、アクティブリストから削除するには、左ウィンドウ枠でウォッチを選択し、該当のボタンをクリックします。

事前に定義されたウォッチが 3 つ ([アクティブ][完了][失敗]) あります。事前に定義されたウォッチを編集して、表示方法を変更できます。また、右ウィンドウ枠からこれらのウォッチを削除すると、非アクティブにできます。

[チャート] には、ウォッチの条件を満たしていない同期は表示されません。すべてのウォッチを無効に ([現在のウォッチ] リストから削除) すると、[チャート] ウィンドウ枠または [概要] ウィンドウ枠に同期が表示されなくなります。

右ウィンドウ枠でのウォッチの順序は重要です。リストの上にあるウォッチから先に処理されます。[上へ移動] ボタンと [下へ移動] ボタンを使用して、右ウィンドウ枠でのウォッチの順序を編成できます。

事前に定義されたウォッチを使用して、別のウォッチを作成できます。ウォッチの条件を編集するには、古い条件を削除してから新しいウォッチ条件を追加します。

新しい Mobile Link モニターが同じ Mobile Link サーバーに接続すると、すでに接続されている Mobile Link モニターには短時間同期として示されます。Mobile Link モニター同期のバージョン名は for_ML_Monitor_only になります。このウォッチ付き Mobile Link モニター同期は非表示にできます。

 ♦ 新しいウォッチの作成
  1. ウォッチマネージャー[新規] をクリックします。

  2. [名前] ボックスにウォッチの名前を入力します。

  3. プロパティ比較演算子を選択します。

    プロパティの完全なリストについては、Mobile Link の統計のプロパティを参照してください。

  4. [追加] をクリックします (設定を保存するために [追加] をクリックしてください)。

  5. 必要に応じて、別のプロパティ演算子を選択して、[追加] をクリックします。

  6. [チャート] ウィンドウ枠で、ウォッチのチャートパターンを選択します

  7. [概要] ウィンドウ枠で、ウォッチの概要の色を選択します