Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Mobile Link サーバー起動同期 » サーバー起動同期チュートリアル » チュートリアル:ゲートウェイを使用したサーバー起動同期の設定

 

レッスン 7:Mobile Link サーバーの起動

このレッスンは、受講者がこれまでのすべてのレッスンを終了していることを前提としています。 レッスン 1:統合データベースの設定を参照してください。

このレッスンでは、デバイスに Push 通知を送信できるように Notifier を使用して Mobile Link サーバーを起動します。

 ♦ Mobile Link サーバー (mlsrv12) を実行します。
  1. 統合データベースに接続します。

    次のコマンドを実行します。

    mlsrv12 -notifier -c "dsn=sis_cons" -o serverOut.txt -v+ -dl -zu+ -x tcpip

    Mobile Link サーバーメッセージウィンドウが表示されます。Notifier は、デバイスから Push 要求を受信する準備が整ったことを示します。

    次の表は、このレッスンで使用する mlsrv12 オプションを示します。オプション -o、-v、は、デバッグとトラブルシューティングの情報を提供します。これらのロギングオプションは、開発環境での使用に適しています。パフォーマンス上の理由から、一般的に -v は運用環境では使用しません。

    オプション 説明
    -notifier

    サーバー起動同期用に有効なすべての Notifier を起動します。

    -notifier mlsrv12 オプションを参照してください。

    -c

    接続文字列を指定します。

    -c mlsrv12 オプションを参照してください。

    -o

    メッセージログファイル serverOut.txt を指定します。

    -o mlsrv12 オプションを参照してください。

    -v+

    ログを取る対象となる情報を指定します。-v+ を使用して、最大冗長ロギングをオンに設定します。

    -v mlsrv12 オプションを参照してください。

    -zu+

    自動的に新しいユーザーを追加します。

    -zu mlsrv12 オプションを参照してください。

    -x

    Mobile Link クライアントの通信プロトコルとプロトコルオプションを設定します。

    -x mlsrv12 オプションを参照してください。

  2. レッスン 8:リモートデータベースの設定に進みます。

 参照